「宇宙戦艦ヤマト2202をつくる」が延長 全長127センチのアンドロメダ

©株式会社ジェイ・キャスト

分冊百科を手がけるアシェット・コレクションズ・ジャパン(東京都新宿区)は、全110号で完結予定の「宇宙戦艦ヤマト2202ダイキャストギミックモデルをつくる」を延長。アニメ「宇宙戦艦ヤマト2202」に登場する地球連邦の旗艦を組み立てられる週刊のマガジンシリーズ「前衛武装宇宙艦AAA-1アンドロメダ 1/350スケールモデル」を、2021年3月10日発売の111号からはじめる。

メカニック解説など読み物ページも充実

「宇宙戦艦ヤマト2202をつくる」シリーズ読者からの熱いリクエストを受け延長を決定し、「前衛武装宇宙艦AAA-1アンドロメダ」の全長127センチ、「ヤマト」モデルと同一の1/350スケールモデルを作れる。「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」でデザインを手がけた玉盛順一朗さんが監修した。

艦首に備えた六角形の「波動砲口」2門のほか特徴的な艦橋、設定に準じた可動部分など各部のディテールを設定に忠実に再現したという。艦体各部の発光ギミックや主力火器「拡散波動砲」の発射シークエンス、波動砲口の上下に4基搭載する「重力子スプレッド発射機」の展開ギミックなども再現している。

マガジンでは、組み立てガイドのほか「ヤマト」や「アンドロメダ」のメカニック解説、ストーリーやキャラクター、美術設定など「愛の戦士たち」「新たなる旅立ち」に関するビジュアル満載の読み物ページを掲載する。

なお、「宇宙戦艦ヤマト2202をつくる」シリーズを購入していなくても111号から定期購読が可能とのことだ。

刊行号数は全60号(111~170号)の予定。

価格は各号1833円(税込)。