手越祐也のYouTubeが悲惨…有名人とのコラボネタ頼りでジリ貧か

©株式会社日本ジャーナル出版

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

昨年6月に『NEWS』を脱退、所属するジャニーズ事務所からも退所した手越祐也。現在はYouTubeを中心に活動しているが、その内容には厳しい声が向けられている。

YouTubeデビュー当初の手越は、モーニングルーティンやジャニーズ時代の暴露トーク、自宅公開といった〝ありがち〟な企画を連発。それでも、元々の知名度や人気の高さ、物珍しさにより、数百万回の再生をコンスタントに記録していた。しかし、そう長くは続かないのがバブル。物珍しさはすぐに落ち着き、わずか2カ月ほどで、100万再生を切ることも珍しくなくなってきた。

「これでもユーチューバーとしては十分に高い部類なのですが、元の人気の高さや、初期の再生が好調だったためか、ジリ貧な印象は否めません。そして、本人もこれを感じているのか、手越はコラボという〝寄生〟を連発することになります」(YouTubeライター)

実際、最近の手越のチャンネルは、他人の威を借るようなコラボ動画ばかり。特にここ1カ月のペースは凄まじく、『オリエンタルラジオ』藤森慎吾、『キングコング』西野亮廣、『CHEMISTRY』川畑要、『ロンドンブーツ1号2号』田村淳、『L’Arc~en~Ciel』HYDE、宮迫博之と、ヒキのある芸能人ばかりがズラリと並んでいる。

カジサック並みのコラボ芸ばかり

「コラボはYouTubeの定番なので、多くの視聴者は『誰かと絡むと面白い』くらいにしか思わないでしょう。しかし裏を返せば、これは、1人では充分な再生数を稼げないという裏付けでもある。本人はのびのびと楽しそうですが、落ちぶれたと言われても仕方がないでしょう」(同ライター)

この手法で再生数を稼いでいるのが、「キングコング」梶原雄太ことカジサックだ。カジサックは芸人やユーチューバーとのコラボ動画を日常的に投稿している他、大物スターのエピソードトークなど、他人の名刺を利用した企画ばかり行なっている。ファンはそれでも喜んで再生しているが、ネット上では

《他人の褌しか履いてない》
《もはや梶原の存在がいらない企画》
《こいつ自身の魅力ほぼ0やし》
《単独の動画ほぼゼロなんだな 寄生が酷すぎてこいつ自体の人気なんかほぼなさそう》
《芸人に寄生出来なかったらユーチューバーとしても機能してなかった》

などと散々な言われよう。現在の手越は、このレベルにまで堕ちてしまっているのだ。

グループ時代から、とにかく身勝手で自分第一だとファンから指摘されてきた手越。他人を利用することなど、なんとも思っていないのだろうか…。

この記事はいかがでしたか?