なかやまきんに君「パワー!」と叫ぶだけの動画 なぜか見入ってしまう仕掛け

©株式会社ジェイ・キャスト

「パワー!」。お笑い芸人のなかやまきんに君が、ひたすらその言葉を繰り返すだけのウェブCMが、再生回数20万回を超えている。

視聴した人からは、「この案を企画し採用した人たちは正気なのか?」、「なぜか毎日見にきてしまってる」といったコメントが寄せられている。このユニークかつ「中毒性」の高いCM制作の舞台裏を取材した。

増殖するきんに君

真っ赤な背景に、焼肉のホットプレートが乗った食卓と、それを見つめるきんに君...という構図でCMは始まる。社名も商品名もなく、何のCMか正直わからない。しかも全36秒のうち約25秒は、きんに君が焼肉に向かって、熱く「パワー!」と連呼するだけの内容だが、ツイッターで「スキップしなかった広告」だと話題になっているのだ。

CMの正体は、たれ、スープ、粉末調味料などを製造販売するダイショー(東京都墨田区)が公開した「食卓に、パワーを届けて55年。」編‐Aタイプだ。同社の焼肉のたれ「焼肉一番」を、ダイショーのユーチューブ公式チャンネルで宣伝している。

ユーチューブで動画を見る際、意図せずCMが流れるとわずらわしさから「スキップ」する人は少なくない。にもかかわらず、視聴者に毎日見にくるとまで言わせるCM――。広告宣伝担当者によると、

「『この先どうなるんだ』と、最後まで展開が気になる作りを意識しました。終盤まで会社の情報が全く出ず、どこのCMかわからない内容で...『何も考えていない』かのようですが、実はそういう工夫をしています(笑)」

具体的には、「きんに君の増殖」だ。初めは一人だったきんに君が、画面左からもう一人、更に画面右からも、もう一人現れて最終的に三人での「パワー!」大合唱になる流れが、あまりにもワケがわからず「いったい何を伝えたいのかと、気になって見入ってしまう」のだ。

やがて「食卓に、パワーを届けて55年。」というフレーズが浮かび上がり、「焼肉一番」が紹介されて始めて、きんに君の叫びが腑に落ちる。

「振り切った」CMに

ダイショーのウェブCMは「食卓に、パワーを届けて55年。」編‐Aタイプほか3種あり、いずれも同社「やきにくのタレ営業部長」・なかやまきんに君が出演している。ユーチューブ公式チャンネルほか、「ダイショー 焼肉のたれ Poweeeeeer!お届け!キャンペーン」特設サイトで公開中だ。

広告宣伝担当者はウェブCMに好意的な反響が寄せられていることに、「狙ってできることではなく、ありがたい。正直びっくりしている」と喜びをにじませている。

「これまでも『印象に残るCM作り』を心がけてきましたが、今回が一番、良い意味で『振り切った』内容になりました。なかやまきんに君の好感度の高さや人柄の良さも相まって、最後まで楽しんでもらえるCMになったのだと思います。担当冥利に尽きます」