MotoEのヘレステスト1回目が完了。最終日はレースシミュレーションも実施

©株式会社サンズ

 3月4日、スペインのヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで、2021年シーズンの『FIM Enel MotoE World Cup』(MotoE)の1回目となる開幕前テストが3日間の日程で行われた。最終日はエリック・グラナド(ONE ENERGY RACING)がトップタイムを記録した。

 Energica Motor Company(エネルジカ・モーターカンパニー)の電動バイク『Energica Ego Corsa(エネルジカ・エゴ・コルセ)』とミシュランタイヤのワンメイクで、開催3年目を迎えるMotoE。3日間のプレシーズンテスト1回目が終了した。

 テスト3日目は最高気温が20度でドライコンディションのなか行われ、グラナド、ドミニク・エガーター(DYNAVOLT INTACT GP)がオールタイムラップレコードを更新した。

大久保光(AVANT AJO MotoE)/2021MotoE第1回ヘレステスト

 また、このテストで初めてMotoEの電動バイクに乗った大久保光(AVANT AJO MotoE)は「MotoEのマシンに乗るのは初めての経験でしたが、得た感覚にはとても満足しています。パワーのある楽しいバイクなので、この3日間はとても楽しかったです。全体的にテストはうまくいき、少しずつ進歩しました」と語った。

「僕たちは仕事を続ける必要があり、進歩し続けたいので、ヘレスでの次のテストも楽しみにしています。クルーたちはプロフェッショナルであるため、良かったです。アジョモータースポーツに加入できてうれしいです。一緒に素晴らしいことができると信じています」

 1度目と2度目のセッションの間には、レースシミュレーションが実施。グリッド上では新たに投入されたバッテリーチャージャーが使用された。

 2回目のプレシーズンテストもスペインのヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで、4月12~14日に実施される。

大久保光(AVANT AJO MotoE)/2021MotoE第1回ヘレステスト

■2021MotoE:第1回ヘレステスト 3日間総合リザルト(編集部集計)

Pos. No. Rider Team Motorcycle Time

1 51 エリック・グラナド ONE ENERGY RACING エネルジカ 1’47.553

2 77 ドミニク・エガーター DYNAVOLT INTACT GP エネルジカ 1’47.583

3 11 マッテオ・フェラーリ TEAM GRESINI MotoE エネルジカ 1’48.200

4 54 フェルミン・アルデグエル OPENBANK ASPAR TEAM エネルジカ 1’48.243

5 40 ジョルディ・トーレス PONS RACING 40 エネルジカ 1’48.263

6 61 アレッサンドロ・ザコーネ OCTO PRAMAC MotoE エネルジカ 1’48.392

7 18 チャビエル・カルデルス AVINTIA ESPONSORAMA RACING エネルジカ 1’48.488

8 3 ルーカス・トゥロヴィッチ TECH3 E-RACING エネルジカ 1’48.553

9 71 ミゲール・ポンス LCR E-TEAM エネルジカ 1’48.571

10 9 アンドレア・マントヴァーニ TEAM GRESINI MotoE エネルジカ 1’48.667

11 6 マリア・エレーラ OPENBANK ASPAR TEAM エネルジカ 1’48.719

12 78 大久保光 AVANT AJO MotoE エネルジカ 1’48.892

13 19 コランタン・ペロラーリ TECH3 E-RACING エネルジカ 1’49.245

14 68 ヨニー・エルナンデス OCTO PRAMAC MotoE エネルジカ 1’49.269

15 80 ジャスパー・イウェマ PONS RACING 40 エネルジカ 1’50.014

16 21 ケビン・ザンノーニ LCR E-TEAM エネルジカ 1’50.659

17 14 アンドレ・ピレス AVINTIA ESPONSORAMA RACING エネルジカ 1’51.611