鷹が密かに試した“攻撃オプション” ベースコーチを入れ替えた工藤監督の意図は?

©株式会社Creative2

三塁コーチャーズボックスに入った本多雄一内野守備走塁コーチ【写真:藤浦一都】

「何かあったときのことを考えて。こういうご時世なので備えとして」

■阪神 4-0 ソフトバンク(オープン戦・5日・PayPayドーム)

ソフトバンクは5日、PayPayドームで阪神とオープン戦を戦い、新たな“攻撃オプション”を試みた。攻撃時のベースコーチを入れ替え、一塁に村松有人外野守備走塁コーチ、三塁に本多雄一内野守備走塁コーチが入った。

ともに盗塁王の経験者である村松、本多の両コーチは、この日の阪神戦で攻撃時の“立ち位置”を入れ替えた。初回1死一、二塁の場面だった。栗原陵矢が内野安打を放つと、三塁のコーチャーズボックスに入った本多コーチは、二塁走者の中村晃に対して一瞬ぐるりと腕を回したが、すぐに打球の行方を確認してストップをかけた。その後も走者が出るたびに打者にサインを送るなど、いつもと違う役割を無難にこなした。

試合後、工藤公康監督は2人の入れ替えについて「(小久保)ヘッドから話があって、何かあったときのことを考えて、今日と明日は本多コーチを三塁という形でやろう、と。こういうご時世なので備えとしてね」と意図を説明。有事の事態を想定しての対策だったことを明らかにした。

三塁コーチに入った本多コーチの様子を「かなり緊張していましたね。今日の試合の中で一番緊張したのは本多コーチだと思います」と笑いながら評していた工藤監督。「ちょっとだけでもやっておくと全然変わると思う」と、万が一のためのオプションであるとしていた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)