ベルリン銀熊賞の浜口監督が会見

「想像していなかった」

©一般社団法人共同通信社

オンライン記者会見で受賞の喜びを語る浜口竜介監督=6日午前、東京都内

 世界三大映画祭の一つ、第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門で、「偶然と想像」が審査員大賞(銀熊賞)に選ばれた浜口竜介監督(42)が6日、東京都内でオンライン記者会見を開いた。

 浜口監督は「本当にうれしく思っています。小さな態勢でコロナ禍を経て完成させた作品が、ベルリンという大きな映画祭で賞をもらうとは想像していなかった。映画祭とはそういうことが起きる場なんだと思わせてくれた」と喜びを語った。

 映画は浜口監督が脚本も手掛けた3話の短編からなるオムニバス形式。偶然の出来事をきっかけに、登場人物の心に湧き起こる疑念や衝動を会話劇で描く。