のこぎりで夫の首を切りつけ殺害容疑 茅ケ崎署、76歳妻を逮捕「暴力振るわれ、長年の恨みが」

©株式会社神奈川新聞社

 のこぎりで夫を殺害したとして、神奈川県警茅ケ崎署は6日、殺人の疑いで、茅ケ崎市在住の無職の女(76)を逮捕した。

 逮捕容疑は、5日午前11時ごろ、自宅の寝室で、夫(83)を馬乗りになって押さえつけた上、首をのこぎりで数回切りつけて殺害した、としている。

 署によると、容疑者は「昔から暴力を振るわれたり、お金を入れなかったりして長年の恨みがあった」と容疑を認めている。

 のこぎりは刃渡り約25センチで、自宅にあったという。同日午後8時10分ごろ、容疑者が「のこぎりで夫を切った」と110番通報した。

 夫妻は長男と3人暮らしだったが、当時長男は外出していた。