ドイツで日本人ら反原発デモ

作家の多和田さん「即時停止を」

©一般社団法人共同通信社

6日、ドイツ・ベルリンでスピーチする多和田葉子さん(共同)

 【ベルリン共同】ドイツの首都ベルリン在住でノーベル文学賞候補として注目される作家、多和田葉子さん(60)が6日、東京電力福島第1原発事故から10年を迎えるのを前にベルリンで開かれた反原発デモでスピーチし、各国は原発の運転を「即時停止しなければならない」と訴えた。原発事故の影響は長年続くと危険性を指摘した。

 多和田さんは福島をモチーフにした作品を複数発表している。この日は2013年に被災地を訪れた時の光景に触れ、原発は人間の生活の本質を「いつでも破壊し得る」と語った。

 デモにはドイツ人や同国在住の日本人ら約200人が参加し、ベルリン中心部を行進した。