【MLB】大谷翔平、あと数メートルで2戦連発の勝ち越し犠飛 指揮官認定「あれはホームラン」

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【Angels Baseball】

「3番・指名打者」で2打数1安打1打点、打率.571と好調キープ

■エンゼルス 6-2 マリナーズ(オープン戦・日本時間8日・テンピ)

エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、アリゾナ州テンピで行われたマリナーズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。3回の第2打席であと数メートルで本塁打の中犠飛を放ち、5回の第3打席で左前打を放った。オープン戦は3試合連続安打、2試合連続打点。打率.571と好調をキープした。

1-1で迎えた3回1死一、三塁。2番手右腕から中堅後方へ打球を飛ばした。惜しくもフェンス前で中堅手ルイスに好捕されたものの、勝ち越し犠飛。3日(同4日)のレンジャーズ戦の5回第3打席で自己最長468フィート(約142.6メートル)の1号2ランを放っており、打者出場した試合では2試合連続打点となった。

あと少しで本塁打。報道陣から「打った瞬間越えたと思ったか?」と問われたマドン監督は「もちろんだよ! この前の打球のようだと思った」と回答。「(バックスクリーンの)ライト側よりもレフト側のほうが飛ぶように思えるね。ほとんどの場所では、あれはホームランだと思う」と本塁打と“認定”した。

5回無死一塁では4番手左腕フレッチャーからライナーで左前へ。打者でのオープン戦初出場から3試合連続安打となった。今季初実戦登板となった5日(同6日)のアスレチックス戦で最速100マイル(約160.9キロ)の剛速球、スプリットを武器に1回2/3で3安打1失点。全5アウトを三振で奪った。二刀流復活へ好スタートを切ったのは間違いなさそうだ。(Full-Count編集部)