ハミルトン、長年の親友であるマネージャーと決別。メルセデスとの1年契約が関係を見直すきっかけか

©株式会社サンズ

 2021年のF1シーズン開幕まであと数週間だが、メルセデスのルイス・ハミルトンは、マネージャーで信頼の厚い右腕だった人物マーク・ハインズと袂を分かつことになったという。

『Daily Mail』のF1特派員であるジョナサン・マッケボイの報道によると、ハミルトンとハインズは冬の間に行われた話し合いの結果、先週からそれぞれの道を歩むことになったという。この別れは“友好的”と表現された。

 元イギリスF3チャンピオンのハインズは、7度の世界チャンピオンであるハミルトンの長年の親友であり、ハミルトンから自身のマネージメント企業『プロジェクト44』の指揮を任され、彼の商業契約やロジスティクスを監督していた。理学療法士のアンジェラ・カレンとともに、ハインズはレースウイーク中のハミルトン陣営における重要な人物だった。

 ハミルトンが最近メルセデスと締結した1年契約にはハインズは関与していないが、その契約がハミルトンとハインズが仕事上の関係を見直すきっかけになったのではないかという憶測が流れている。

2021年モデルのレーシングスーツを着たルイス・ハミルトン(メルセデス)

『Daily Mail』の報道のなかで、ハミルトンに近い筋は次のように語っている。

「マークは、モータースポーツにおける他のチャンスを追求するためにプロジェクト44を離れた。ルイスはマークがプロジェクト44でそうだったように、彼が次の挑戦において重要な存在になれると信じ、成功を祈っている」

「ルイスは個人的にも、彼の過去5年にわたるサポートと、会社の立ち上げを助けてくれたことに深く感謝している」

「その期間にルイスは4回世界チャンピオンになり、多くの記録を破った。マークはその成功の一部であり、成功を分かち合っていた」

「マークとルイスは昔から互いのことをよく知っている。まずは友人となり、ついでビジネスパートナーになった。彼らはビジネス面で別の道を進むが、親しい友人のままでいるだろう」

 ハインズは今年、ハミルトンが電動自動車のオフロードシリーズ『エクストリームE』に参戦するために立ち上げたX44チームの運営を監督するとも見られていた。同シリーズは来月サウジアラビアで始動するが、ハインズの離脱後、誰がチームを管理するのかは現在のところ不明だ。

ルイス・ハミルトンが電動SUVシリーズ『エクストリームE』に自身のチームをエントリー