菅野、戸郷ら右腕4枚“濃厚” 注目は残り2枠の争いか…巨人開幕ローテを独自予想

©株式会社Creative2

巨人・井納翔一、菅野智之、戸郷翔征(左から)【写真:編集部、荒川祐史】

菅野は、球団新記録となる開幕戦5勝目を目指していく

3月26日のシーズン開幕まで1か月を切り、先発投手たちも登板日を想定し、調整を始めている。オープン戦での結果次第で状況は変わるが、現時点での各球団の6枚を占ってみたい。今回は3年連続のリーグ優勝、日本一奪回を目指す巨人を紹介する。

○開幕ローテ予想(昨季成績)
菅野智之(20試合14勝2敗、防御率1.97)
戸郷翔征(19試合9勝6敗、防御率2.76)
A・サンチェス(15試合8勝4敗、防御率3.08)
井納翔一(17試合6勝7敗、防御率3.94)
今村信貴(12試合5勝2敗、防御率3.16)
高橋優貴(8試合1勝3敗、防御率4.30)

エースの菅野智之投手は4年連続、通算7度目となる開幕投手となる見込みだ。すでに球団最多タイの開幕戦4勝しており、球団新記録の開幕戦5勝目をDeNA戦で目指すことになる。

2戦目の先発は3年目の戸郷。すでにキャンプ地での練習試合で先発しており、直球、変化球ともに調整は順調の様子。菅野に次ぐ、勝ち頭になることを期待されている。3番手は来日2年目のサンチェス、DeNAからのFA加入の井納と続く。

ここまでの4枚は順当だが、全員が右投手。左右のバランスを取りたいところ。今村、高橋の左腕を予想としたが、右投手ではドラフト1位の平内龍太投手、畠世周投手らも、当落線上だ。ただ、シーズンを通して全員が順調であるとは限らない。先発も中継ぎもできる桜井俊貴ら中堅、横川凱ら若手投手もバックアップや、刺激し合いながら、長いシーズンを戦い抜いていく。(Full-Count編集部)