【高校受験2021】京都府公立高入試・中期選抜<国語>講評…やや易~標準

©株式会社イード

【高校受験2021】京都府公立高入試・中期選抜<国語>講評

2021年3月8日(月)、2021年度(令和3年度)京都府公立高等学校入学者選抜について、中期選抜が実施された。2021年3月3日に発表された全日制における志願者数の合計は、中期選抜募集人員6,535人に対し、志願者数6,314人で、倍率は0.97倍だった。

リセマムは、京進の協力を得て、学力検査「国語」の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

京都府 中期選抜<国語>講評

(京進 提供)

大問一 古文 「古今著聞集」 〔標準〕

大問二 論説文「人は語り続けるとき、考えていない」河野哲也 〔やや易〕

古文6問、論説文14問という配分、読解問題が選択肢、抜き出し形式での出題であるのは例年通りであった。古文では歴史的仮名遣いや主語判定、会話文など、基本的な知識の定着をみる問題が中心。会話文形式の問題が出題され、読解の手がかりとなっているので活用したい。論説文でも、例年通り会話文形式の問題で内容理解を問うものが出題された。その他の読解問題は、指示語や接続語、段落要点や段落関係など基本的なもの。漢字、文法等の知識事項も基本的なものであるが、中学校で学習する内容が幅広く出されており、配点も多いので着実に知識を積み上げておきたい。

\---

このレポートは2021年3月8日(月)に、速報として京進により作成されたもの。

京進は関西・愛知を中心に全国で学習塾、個別指導教室を展開している。最新の脳科学に基づくオリジナル学習法であるリーチングメソッドは、自ら学ぶ力を育む学習法として高い効果を上げている。

協力:京進

編集部