プラごみ削減、新法案を決定

一括回収でリサイクル強化

©一般社団法人共同通信社

閣議に臨む(左から)茂木外相、菅首相、麻生財務相=9日午前、首相官邸

 政府は9日、プラスチックごみのリサイクル強化や排出削減に向けた新法案「プラスチック資源循環促進法案」を閣議決定した。家庭から出る食品トレーや文房具などを「プラスチック資源」として一括回収する仕組みを導入。使い捨てのストローやスプーンを多く提供する飲食店などには、提供方法の見直しによる削減策づくりを義務付ける。2022年4月の施行を目指す。

 飲食店などでの使い捨てプラ製品の削減義務付けは、有料化や代替素材への切り替え、使うかどうかを客に確認するなど、何らかの取り組みを求める。怠った事業者には改善を勧告・命令し、従わない場合は50万円以下の罰金を科す。