GDP年率11.7%増

20年10~12月、下方修正

©一般社団法人共同通信社

20年10~12月期のGDP

 内閣府が9日発表した2020年10~12月期の国内総生産(GDP)の改定値は、物価変動を除く実質で前期比2.8%増、年率換算で11.7%増だった。速報値の年率12.7%増から下方修正となった。プラス成長は2四半期連続。新型コロナウイルス感染拡大が一時的に抑えられて経済活動が活発になった。

 財務省の法人企業統計などを反映し、2月発表の速報値を見直した。設備投資は速報値の前期比4.5%増から4.3%増に改めた。個人消費は2.2%増で変わらなかった。需要喚起策「Go To キャンペーン」が後押しした。