レッカー車と衝突、救助して立ち去る ひき逃げで男逮捕

©株式会社神奈川新聞社

小田原警察署

 小田原署は8日、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、小田原市羽根尾、塗装業の男(29)を逮捕した。

 逮捕容疑は、1月8日午前0時45分ごろ、同市国府津4丁目の国道交差点で無免許で軽乗用車を運転し、静岡県御殿場市の男性会社員(34)のレッカー車と衝突する事故を起こし、助手席に同乗していた無職男性(28)に全身を強く打つなど全治約3カ月の重傷、レッカー車の男性会社員の首に全治約1週間の軽傷を負わせ、そのまま逃走した、としている。署によると、「間違いない」と容疑を認めている。

 署によると、現場は片側1車線で信号機のない丁字路。右折中のレッカー車に、後方から追い越そうとした男の軽乗用車が衝突したとみられる。男は、車内に閉じ込められた無職男性を、男性会社員と救助した後、徒歩で現場を立ち去ったという。