HELM MOTORSPORTS、2021年もスーパー耐久ST-3に参戦。シリーズチャンピオンを目指す

©株式会社サンズ

 2020年に平木湧也、平木玲次の兄弟が立ち上げたHELM MOTORSPORTSは、3月20〜21日に栃木県のツインリンクもてぎで開幕するスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第1戦『もてぎスーパー耐久 5Hours Race』を前に、2021年のスーパー耐久参戦体制を発表した。平木兄弟に加え高橋知己を起用し、レクサスRC350でチャンピオンを目指していく。

 茨城県出身の平木湧也、平木玲次兄弟が立ち上げたHELM MOTORSPORTSは、2020年にFIA-F4とスーパー耐久に参戦。スーパー耐久ではデビュー戦となった第2戦SUGOでST-3クラスの3位表彰台を獲得すると、チームの地元レースだった第4戦もてぎで優勝を飾った。

 2021年に向けては、継続してレクサスRC350を投入しST-3クラスに参戦する。ドライバーは平木兄弟に加え、レーシングカート時代からの仲間であり、もてぎでの優勝をともに飾った高橋知己が加入。クラス優勝、そしてシリーズチャンピオンを目指していく。なお、2021年のカラーリングは第1戦でお披露目されるとのこと。

「参戦2年目となる2021シーズンは昨年以上のパフォーマンスを発揮し、飛躍のシーズンとなるようドライバーをはじめ、チームスタッフ全員が総力を挙げて戦います!」とまだ若きチームは意気込む。

 名門ル・ボーセから引き継いだカーナンバー62をつけ、“カッコ良さ”と“速さ”を追求しながら、地元にも愛されるチームとして成長を続けるHELM MOTORSPORTS。2021年もサーキットで輝きを放ってくれそうだ。

HELM MOTORSPORTS

2021年スーパー耐久参戦体制

参戦クラス:ST-3
参戦車両:レクサスRC350
カーナンバー:62
車両名:HELM MOTORSPORTS LEXUS RC350
Aドライバー:平木湧也
Bドライバー:平木玲次
Cドライバー:高橋知己

https://helm-ms.co.jp

2020年のもてぎでST-3クラス優勝を飾ったHELM MOTORSPORTSの平木湧也、平木玲次、高橋知己
2020年のHELM MOTORSPORTS LEXUS RC350