キンプリ・岸優太が瀬戸内寂聴の恋愛観にタジタジ!?「密会レストラン」でバカリズム、IKKOらが赤裸々トーク

©株式会社東京ニュース通信社

寺島しのぶとKing & Princeの岸優太が司会、平成ノブシコブシの吉村崇がアシスタントを務める、NHK総合のトーク番組「密会レストラン」の第4弾が、3月25日(午後10:00)に放送される。

同番組は、都内某所でひそかにオープンする“密会レストラン”を舞台にした、大人の恋愛トークバラエティー。愛に生きる情熱的なマダム・寺島と、人生勉強中のギャルソン・岸のもとへ、魅力的なお客さまが続々と来店。普段はなかなか明かされないそれぞれの赤裸々な恋愛トークから、意外な素顔が見えてくる。

最初のゲストは、お笑いからドラマ脚本まで、マルチに活躍するバカリズム。思春期のちょっと切ない? 恋愛話から、その反動でこじらせた“面倒なこだわり”までを語りつくす。さらに、局アナからフリーになって大活躍中の鷲見玲奈、イケメン落語家として大人気の瀧川鯉斗、美容家の枠を飛び出した存在感のIKKOなど、次々と来店。ギリギリの恋愛エピソードを連発し、スタジオは爆笑に包まれる。

さらに、最後は、瀬戸内寂聴がリモートで来店。98年の人生からつむぎ出す珠玉の恋愛観に、岸がタジタジとなる場面も。伝授された寂聴流恋愛の奥義を受け、岸はどんな変化を見せるのか?

「収録中、ずっと緊張していた」という岸は、「今回も寺島さんや吉村さんから、ゲストに対する招き方、接し方、話し方、会話を弾ませる技などを勉強させていただきました。個人的には、IKKOさんの新たな部分を知ることができてうれしかったです」と感想を話す。

また、バカリズムは「恋愛の話をしながらその人の人間的な部分が見えてくるところが、この番組の面白いところかなと思います。実際に体験したことに対する考え方や、付き合った方とどう過ごしたかなど、ゲスい暴露話ではなく内面的な話を面白がって見られる番組だなと思いました」と分析。

寺島は「今回のゲストの方もお話をしたことがなかった方々ばかりだったので、すごく興味深かったです。しっかりしようとする岸くん、そして吉村さん、常連のミッツ・マングローブさんを含め、店のみんなでいい雰囲気でお届けしていますので、ぜひ皆さん楽しみにしていてください」と呼びかける。

吉村は「芸人仲間でいてもバカリズムさんの恋愛トークをほとんど聞いたことがなかったので、今回はかなり新鮮でした。全体としては、大人恋愛の話をさまざまなゲストに聞いている番組ですので、学ぼうとしている岸くんの姿にも注目してみてください」と見どころを伝える。

また、IKKOは「私の大切な時間にタイムスリップさせていただいたような時間になりました。NHKなのに結構すごいこと話しちゃったけど大丈夫だったかしら(笑)。人生って1回じゃないですか。私もあと何回恋愛できるか分かりませんけど、またすてきな人に出会いたいなと思いましたし、あらためてそう思わせていただけた番組になりました」とコメント。

さらに、鷲見は「これまでメディアで話したことがなかった、元アナウンサーならではの話や、心配性がゆえの付き合い方などをかなりオープンに話させていただきました」、瀧川は「実は暴走族時代の恋愛エピソードは初めてテレビで話しました。岸くんが『やばっ』とリアクションしてくれて楽しかったです(笑)。ほかにも、テレビのお見合い企画でカップルになったあの方とのその後や、前座のとき時の恋愛エピソードも明かしていますので、その辺りも楽しんでいただければと思います」とそれぞれ自身のトークのポイントを紹介。

常連役としてゲストの話を聞いたミッツは「バカリズムさんは、同い年ですごく興味がある人だったので念願がかないました。腹をくくって、ここから『話すぞ』と声のギアが変わったところは、お楽しみポイントだと思います。また、IKKOさんとは日頃恋愛話とかしないので、珍しい機会をいただけて面白かったです」と感想を述べた。