違憲判断の同性婚判決、神奈川のカップル「うれしい以外、言葉ない」 法制化に期待

©株式会社神奈川新聞社

 同性婚を認めないのは「違憲」との初判断を下した札幌地裁判決を受け、神奈川県内の性的少数者(LGBTなど)カップルからも喜びの声が上がった。

 同性パートナーと暮らす横浜市の自営業の女性(53)は「非常に大きな一歩」と歓迎。同様の訴訟が全国で行われていることを踏まえ、「この判決を一つの礎として進んでほしい。地方によって判断が分かれることも予想できるが、『違憲』との判断に沿った法の流れを期待したい」と同性婚の法制化に望みをつないだ。

 女性はパートナーの会社員の女性(53)と連れ添っておよそ8年。パートナーの女性名義の賃貸住宅で暮らすが「彼女に万が一の事があったら『同居人』の自分は退去を迫られる恐れもある」と、絶えることのない不安を抱えてきた。

 2年前から市のパートナーシップ宣誓制度を利用。住宅契約書に自身を「パートナー」と記載できるようになったが、「不動産の担当者はあまり理解していないようだった」。親族との関係を構築する上でも、「公的な関係性」が認められることへの期待は大きい。

 自営業の女性は「私たちにとって結婚はきらきらしたものではなく、シビアな現実に立ち向かうための手段。この日々を生き抜いていくために、異性愛者たちと同じスタートラインに立たせてほしい」と願いを込める。