北朝鮮核問題が最優先課題

米韓2プラス2声明発表

©一般社団法人共同通信社

18日、ソウル市内で開かれた米韓の外務・防衛閣僚協議(聯合=共同)

 【ソウル共同】米韓両政府は18日、ソウルで外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を開催した。共同声明を発表し、北朝鮮の核兵器と弾道ミサイルの問題が同盟の優先課題だと強調。日本を含む3カ国の協力の重要性を確認し、域内の平和や安全保障のための協力を継続することで一致したと表明した。

 オースティン米国防長官は17日の徐旭・韓国国防相との会談で、北朝鮮だけでなく中国への対処にも必要だとして対日関係の改善を求めた。

 韓国の文在寅政権は米朝対話を促す一方、中国の刺激も避けたい立場で、米韓両国が共同声明で中朝に対し一致した姿勢を打ち出せるかどうかが焦点だ。