フェルスタッペンと組む新シーズンを楽しみにするペレス「大きなチャレンジだが、僕には失うものはない」

©株式会社サンズ

 セルジオ・ペレスは、マックス・フェルスタッペンと同じチームでF1を戦うことは大きなチャレンジであると認めた。しかしフェルスタッペンと比較されることにおいて、自分が失うものは何もないとして、そのチャレンジを楽しみにしているということだ。

 2021年、レッドブル・レーシングはアレクサンダー・アルボンの代わりにベテランのペレスと契約した。ペレスは実力を高く評価されており、フェルスタッペンとともに確実にポイントを獲得していくことが期待されている。

 昨年初優勝を挙げたペレスは、レッドブルというビッグチームに加入することで、さらに優勝や表彰台を獲得するチャンスを得たことになる。一方で、将来のチャンピオン候補とみなされているフェルスタッペンのチームメイトになると、あらゆる面で比較されることにもなる。

2021年F1プレシーズンテスト マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

「レッドブルに加入すると決まった時から、マックスという大きなチャレンジに立ち向かうことになるのは分かっていた」とペレスはF1のポッドキャストにおいて語った。

「彼は非常に完成されたドライバーだ。(実際に一緒にテストで走った時)何の驚きもなかった。彼があらゆる面で強力なドライバーであること、僕にとっては大きな課題になるということを改めて確認した」

「でもそれは僕が望んでいたことでもある。自分をF1で最高のドライバーと比較したいと思っていた。大きなチャレンジであり、素晴らしい機会だ。とても楽しみにしている」

「僕としては、キャリアにおいて失うものは何ひとつないと思っている。これほど素晴らしいキャリアを築いてくることができて幸運だった。次に起こることは何であっても悪いことだとは思わない」

「彼が僕に関して心配する理由はないし、僕が彼に関して心配する理由もない。ふたりとも、可能な限りベストな仕事をするだけだ」

この記事はいかがでしたか?