ケンドーコバヤシ アニメ版『進撃の巨人』について「出来がすごい良いねん」

©株式会社ジェイプレス社

17日放送の『アッパレやってまーす』(MBSラジオ)で、お笑いタレントのケンドーコバヤシが、アニメ版『進撃の巨人』の出来の良さについて語った。

番組では、別冊少年マガジン(講談社)にて連載されている『進撃の巨人』が4月9日売りの5月号で完結するという話題から同作の話となった。

ケンコバは「『進撃の巨人』は、途中で読むのやめてて、『アメトーーク』(テレビ朝日系)で、めっちゃそれ責められてさ」と去年9月に放送された『アメトーーク』内で、10巻以降読まなくなったと明かした後の話をしだした。

ケンコバは「今、だからとりあえずアニメで追っかけてんねんけど」と原作ではなく、アニメを視聴していると明かし、その話を、アンガールズの田中卓志も「へぇ~、俺もどっかのタイミングで観ようかと思ってるんですけど」と反応した。

アニメの感想をケンコバは「アニメの出来がすごい良いねんなぁ~あれ」と語る。すると田中も「そうです、そうです! アニメの方がいいって感じです」と返した。なお、田中も『アメトーーク』で原作を15巻までしか読んでいないことを明かしており、ケンコバから「それは田中がアニメ至上主義者やから?」とツッコミを入ったのだった。