SS/YZ RACING with Studieが2021年スーパー耐久参戦体制を発表。荒/坂本/山口のトリオに

©株式会社サンズ

 3月18日、2021年のスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankookに参戦するSS/YZ RACING with Studieは、Youtube上で2021年の参戦体制を発表した。大混戦必至のST-Zクラスに2020年に続きBMW M4 GT4を投入し、荒聖治/坂本祐也/山口智英のトリオがステアリングを握る。また、カラーリングは大きく刷新されることになった。

 2019年までGTワールドチャレンジ・アジアを舞台にM4 GT4を走らせてきたBMW Team Studie。2020年は、新たにSS/YZ RACING with Studie/Team サントメ・プリンシペ with Studieとしてスーパー耐久に舞台を移してきた。

 2021年、SS/YZ RACING with StudieはBMW M4 GT4を継続してST-Zクラスに投入するが、その体制は大きく変更されることになった。3月18日、Youtubeを使って公開された参戦体制では、まずBMW Team Studieの熊谷亮監督が司会を務め、続いてBMWジャパンのクリスチャン・ヴィードマン社長があいさつを行った。

「モータースポーツを起源とするBMWのサブブランドであるBMW Mは、2020年も日本でのサクセスストーリーを継続し、8年連続で販売台数を伸ばした。2021年も、この成功を繰り返したいと思っている」とヴィードマン社長。

「もちろんこの成功は、日本のBMW Mの多くのファンの皆さまのご支援があってこそだ。BMW Team Studieは、日本およびアジアにおけるBMWを代表するモータースポーツの分野で、継続的な情熱と実績を残してくれていることに感謝している。BMWグループは今年もBMW Team Studieへのサポートを継続し、強化する」

「私たちは、モータースポーツをより身近なものにしたいと考え、2021年中に日本でのBMW M2 CS Racingの導入を準備している。BMW M2 CS Racingは公道走行のモデルと既存のレーシングカーのラインアップとのギャップを埋めるものだ。昨年はコロナの影響で難しかったが、今年はより多くの方に、これから始まるレースをサーキットで、BMW Team Studieを応援してもらいたいと思っている」

 そんなBMWジャパンのサポートをうけるBMW Team Studieは、兵庫県でBMWの販売を行う株式会社Y’Z Oneの片野田洋介代表がチーム監督兼代表を務める、SS/YZ RACING with Studieとして参戦。BMW Team Studieから熊谷亮総監督が参加する。

「今シーズンは昨年以上に、我々のチームにふさわしい結果をご報告できるよう、チーム一丸となって取り組んでまいります」と熊谷総監督は語った。

 そんな思いを背負って戦う2021年シーズンは、ドライバー体制を一新。荒聖治、山口智英というスーパーGTでもBMW Team Studieで活躍するふたりに加え、坂本祐也が加わる強力なラインアップとなった。またイメージガールは、嶋田美彩さんと晶羅さんのふたりが務める。

 さらに、BMW M4 GT4はカラーリングも一新。パリやニューヨークなどで活躍する気鋭の芸術家、けみ芥見さんが手がけた「最高にセクシー」なもので、レーシングスーツなども統一したデザインを採用。イメージガールのコスチュームは、けみ芥見さんが手がけるブランド、『AKITSU』のもので毎戦変わるという。

 新たな装いとなったSS/YZ RACING with Studie。多くのマシンが参加するST-Zでも、優勝を争う一台となりそうだ。

けみ芥見さんが手がけた新カラーリングをまとったSS/YZ Studie BMW