会社員のテレワーク23%

コロナ対策きっかけ、中断も

©一般社団法人共同通信社

 国土交通省は19日、在宅勤務などテレワークを経験した会社員は23.0%との2020年度調査結果を発表した。前年調査から8.2ポイント増え、新型コロナウイルス感染症対策がきっかけの人が多かった。ネット調査の回答を分析した。ただ企業側の出社指示により、途中でやめるケースもあった。テレワークをしなかった人は「仕事内容がなじまない」などと答えた。

 調査は昨年11月に実施。会社員は3万5727人のうち、8205人がテレワークをしたと答えた。男性は29.3%、女性は15.5%だった。

 居住地別では、首都圏34.1%で最も高く、近畿23.3%、中京19.7%だった。