全日本競歩、高橋英輝が初優勝

女子は河添香織V

©一般社団法人共同通信社

男子20キロ 1時間20分19秒で初優勝した高橋英輝=石川県能美市

 陸上の全日本競歩能美大会は21日、石川県能美市の日本陸連公認コースで行われ、20キロの男子は東京五輪代表の高橋英輝(富士通)が1時間20分19秒で初優勝した。同50キロ代表の川野将虎(東洋大)が、1時間21分1秒で2位となった。

 高橋、川野が序盤からレースを引っ張る展開となった。6キロ付近でペースを上げていったんは先頭に立った川野に対し、追い付いた高橋が13キロ付近から前に出て快勝した。

 女子は河添香織(自衛隊)が1時間36分54秒で初優勝した。林奈海(順大)が1分38秒差で2位に入った。