石川・和倉温泉「庵SPA NOTO」加賀屋内の新しいスパで気の流れを調律するようなリラクゼーションを。

©株式会社WHyKNOT

石川県・能登半島にある名旅館 和倉温泉 加賀屋に2021年1月より新しいスパ「庵SPA NOTO」がOPENしています。

能登ならではの空間美の中で受けるリラクゼーション、そして加賀屋の一流のおもてなしと温泉との融合での癒し効果は注目度満点です。

写真:プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選で40回も1位を獲得している和倉温泉加賀屋で受けられる能登ならではのスパがOPEN

プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選で40回も1位を獲得!和倉温泉 加賀屋

和倉温泉 加賀屋といえば旬刊旅行新聞主催「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で40回も総合日本一位の座を獲得している名旅館中の名旅館。

昭和天皇から上皇・上皇后陛下、今上天皇陛下もご宿泊された、まさに日本を代表する温泉旅館といっても過言ではありません。

その和倉温泉 加賀屋(※以降、加賀屋と表記)に2021年1月に新しくできたスパリラクゼーション施設が「庵SPA NOTO」になります。

写真:日本を代表する温泉旅館・温泉ホテルの1つといっても過言ではない和倉温泉 加賀屋

東洋・西洋の融合「庵SPA」のリラクゼーションとは?

庵SPA」を運営しているのは、クレドインターナショナル。

ヨーロピアン、アジアン、モロッカン、ハワイアン、そしてジャパニーズと5つのテーマでホテルスパを企画運営しています。

ジャパニーズの「庵SPA」のコンセプトは、本物の日本のおもてなし。本物の日本文化に囲まれた空間で、日本の素材を採り入れた施術でゲストを癒します。

施術も東洋的な「氣のちから」に着目、東洋式の経絡マッサージやツボ刺激でゲストの生命力を活性化させる資生堂の「Qiエステティック」を採用。

写真:ゲストの「氣」を調律するように癒していく

――人(肌・心・身体)の美と健康は全身を駆けめぐる気のバランスにある――

「Qiエステティック」の根底にはそんな東洋医学思想が息づいています。

ゲストの「気」の流れをあたかも調律するように、心身のバランスを整えていきます。そうすることで身体の内側から美と健康を引き出していくんですね。

「Qiエステティック」以外のスキンケアも、マドンナがプロデュースしたマドンナスキンに、KAGAEの和漢植物の精油を利用したもの、そして金箔をたっぷりと使用した金沢の箔一と、厳選。

写真:庵SPA NOTOのエントランス。

能登ならではの寛ぎ空間で心も落ち着き癒される

本物の和の空間の中でのリラクゼーションも庵SPAの特徴。

「庵SPA NOTO」では、特に能登の建材や素材ふんだんにを使ったご当地ならではの空間がゲストを迎えます。

床材は石川県木・アテの拭き漆仕上げ。

落ち着いた風合いの壁は能登産の珪藻土が塗りこめられています。珪藻土は見た目のみならずその調湿性で快適さにも貢献しているんですよ。

写真:能登の文化・素材を採り入れた静かに落ち着いた和の空間

インテリアで目を引くのは輪島塗の和ダンスをはじめ能登の骨董品。アンティーク好きならずともその飴色の艶には心惹かれます。

ふっと目を上げたときに安らぎの視界を演出する中庭は、加賀屋が面する能登の海をイメージして造形されています。

写真:HPより。静謐な空間に配置された和だんすや小物など

そんな能登式の癒し空間に入れるのは予め予約したゲストだけ。

カードキーでの入室になるので、部外者や冷やかし目的の人は一切入れません。

そして施術を受けられるお部屋は個室3部屋、ペアルーム2部屋で全部でベッド7台。予約した人だけがゆったりと時を過ごすことができるのです。

香り、音色、味……五感で感じる癒しの世界

まず、どのコースも資生堂Qⅰのアロマジェルからスタートします。

Qiアロマジェルをゲストの身体に塗り、ゆっくり深呼吸をするように促していくこの施術では、アロマのよい香りを感じながら自然に呼吸が深くなっていきます。

それでよりリラックスし施術効果が高まるのだそう。

空間に流れるBGMは鐘の音や鈴虫などといった日本の原風景の音色。

さらに能登にある「庵SPA NOTO」オリジナルのおもてなしも楽しみ。

たとえばドリンクは、能登の素材を使ったほうじ茶や、生姜はちみつに柚子はちみつ。香りもよく身体がよく温まります。

写真:能登の温かい飲み物でおもてなし。写真はカウンセリングの際に提供される能登ほうじ茶「琥珀」

能登にある加賀屋ならではの大自然や文化、それ身をゆだねて癒されていく……そんな貴重なひとときを過ごせることでしょう。

加賀屋の温泉やお料理がより効果を高めて

「庵SPA NOTO」がある和倉温泉 加賀屋。この加賀屋での滞在がまた美容や癒し効果を高めていきます

和倉温泉との相乗効果はやはり見逃せません。

塩分濃度が高い和倉温泉は、保温力が高く、美の大敵である冷えに効果抜群。

写真:加賀屋の女性用野天風呂。能登の海の広がりと潮風、保温力のある湯に癒される

施術前に温泉に入って体を温めておくと体がほぐれてマッサージ効果がさらなるものになりそう!

さらに加賀屋のお料理にふんだんに出てくる地元素材にも美容にいいものがいろいろあるのだとか。

例えば能登伝統野菜の中島菜

11月~4月頃に出回る中島菜は他の青菜類に比べ、ビタミンC含有量が多く抗酸化作用やコラーゲンの生成を高めたりなど幅広い美容効果が期待出来るんだそうです!

塩漬けしても花を咲かせると言われる生命力を持つ野菜だというから驚き!

他にもふだんは出会えないような伝統野菜が持つビタミンやミネラル……スパとの相乗効果が楽しみです。

能登半島といえば海の幸、海の幸の良質なたんぱく質やコラーゲン、DHAなどもお肌が喜びそう。もちろん舌や心が喜ぶことは言うまでもありません。

心が喜ぶって癒しの基本ですよね^^

写真:加賀屋のHPより春のお料理例。香り高く柔らかい能登の山菜も楽しみの1つ

男性もOK。女性なら「庵SPA NOTO」付のお得な宿泊プランも

「庵SPA NOTO」のコースは150分、ボディからフェイシャルまで全部ついてる加賀屋スペシャル(31900円※)からボディ・フェイシャルそれぞれのショートコース(15400円※)まで目的や予算にあわせて選べます。※料金は2021年3月から改定予定

また嬉しいのがオプション。

ベーシックコースやショートコースなどにトッピングする感覚でヘッドスパやパーソナル経絡やソーダパック、石膏マスクなどをつけることができるんです!

いろいろ試してみたくなりますね。

なお加賀屋では「庵SPA NOTO」のリラクゼーションがついた宿泊プラン・レディースプランも用意

1部屋につき1名分の「ショートコース60分」が料金内についていて、かつ1名追加する場合は10%OFFに!お得なのでオプションを付けて堪能したくなりそう!

最後に「庵SPA NOTO」は男性の予約もOK。すべてのコースを男性も受けることができます。

夫婦やカップル、もちろん男性おひとり様でも。落ち着いた能登の癒しは性別を問わないのです。

(取材・文:やまめタグ、編集:hotspring727)