サッカー日本代表、合宿スタート

コロナ拡大後、国内で初

©一般社団法人共同通信社

韓国戦に向け調整する日本代表イレブン=横浜市内

 サッカー日本代表は22日、横浜市内に集合し、新型コロナウイルス感染拡大後、国内初となる活動をスタートさせた。20人が参加した初練習はランニングだけで軽めに終わり、南野(サウサンプトン)や初招集の江坂(柏)らは居残りのパス回しなどで汗を流した。

 25日に横浜・日産スタジアムでの国際親善試合で韓国と、30日には千葉・フクダ電子アリーナでのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選でモンゴルと対戦する。国内での代表戦は2019年11月以来。