海自艦事故、賠償請求を棄却

広島地裁、釣り船遺族敗訴

©一般社団法人共同通信社

海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船が衝突した事故の損害賠償訴訟判決で、広島地裁に向かう遺族と弁護士ら=23日午後

 広島県大竹市沖で2014年1月、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船が衝突し、釣り船の船長ら2人が死亡した事故を巡り、遺族ら4人が国に慰謝料など計約5450万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で広島地裁は23日、請求を棄却した。

 訴状によると、事故は14年1月15日午前8時ごろ発生した。釣り船の右舷がおおすみの左舷に衝突し転覆。釣り船の4人が投げ出され、広島市の高森昶船長=当時(67)=と大竹宏治さん=同(66)=が死亡し、1人が重傷を負った。

 遺族側は16年5月に提訴。「船長は経験豊かで、自分から衝突するようなことをしたと思えない」と主張した。

海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船の衝突事故を巡る損害賠償訴訟判決で請求が棄却され、「不当判決」と書かれた垂れ幕を掲げる遺族側弁護士=23日午後、広島地裁前