中国とロシア、新疆で米欧けん制

連携強化、対抗図る

©一般社団法人共同通信社

 【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相とロシアのラブロフ外相は23日、中国南部の広西チワン族自治区桂林で会談し「各国は人権問題の政治化に反対するべきだ」とする共同声明を発表した。新疆ウイグル自治区での人権侵害を理由に制裁を発動した米国や欧州連合(EU)などをけん制した。中国はロシアなどとの連携強化で米欧に対抗する構えだ。

 共同声明は「人権問題を口実に他国の内政に干渉するべきではない」とも強調した。

 王氏は会談で「少数の西側勢力が次から次へと舞台に上がって中国をおとしめ、責め立てている」と言及。「作り話で中国に内政干渉できる時代は終わった」と述べた。