米軍、声明で「東海」使用

発射海域、日本要求で訂正

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米インド太平洋軍は北朝鮮のミサイル発射を受けて24日に出した声明で、発射先の海域について韓国が主張する日本海の呼称「東海」を使用した。日本政府は「不適切だ」と訂正を要求、同軍は25日「日本海または朝鮮半島東岸沖と表記すべきだった」とする訂正文を発表した。

 24日のインド太平洋軍の声明は、北朝鮮がミサイルを発射した方向について「東海」の英語表記「EAST SEA」を使用。これに対し、坂井学官房副長官は記者会見で「『日本海』が国際的に確立した唯一の呼称だ」として、米側に訂正を求めたことを明らかにしていた。