配偶者から暴力被害、2割

減少するも深刻被害が続く

©一般社団法人共同通信社

 内閣府は26日、男女間の暴力被害に関する調査結果を公表した。過去に配偶者から暴力を受けた経験のある人は22.5%に上り、女性は25.9%、男性は18.4%だった。いずれも3年前の調査より減ったが、女性の4人に1人が暴力を受けるなど、依然深刻な被害が続いている。

 調査は昨年11~12月、全国の20歳以上の男女を対象に実施し、3438人から有効回答を得た。配偶者からのドメスティックバイオレンス(DV)やデートDV、ストーカー、性暴力などの被害について尋ねた。

 性交など悪質性の高い性暴力被害は、全体で4.1%が訴え、男性の1%に対し女性は6.9%だった。