具商8強入りならず センバツ甲子園2回戦 延長で福岡大大濠に4―8

©株式会社沖縄タイムス社

福岡大大濠-具志川商 1回裏具志川商2死、新川俊介が本塁打を放ちガッツポースする=甲子園球場(下地広也撮影)

 第93回選抜高校野球大会第7日は26日、甲子園球場で2回戦が行われ、県勢で7年ぶりに初戦を突破した具志川商業は福岡大大濠(福岡)に4―8で敗れた。

 具商は一回表、先発の粟國陸斗が2連続安打で1点を失い、先制を許した。その裏、3番新川俊介が福大大濠の好投手・毛利から大会第4号のソロ本塁打を放ち、すぐさま追い付いた。

 粟國は二回にも1失点し、1―2の三回からはエース新川がマウンドへ。三回裏の攻撃では9番伊波勢加の内野安打から1番大城勢武太、2番島袋大地の連続安打で3―2と逆転に成功したが、四回に追いつかれた。

 六回に互いに1点ずつを加えると両投手とも譲らず、4―4のまま延長に突入。十一回表、相手の先頭打者にソロ本塁打を浴びて勝ち越され、その後も安打や失策が続いて4失点し、4―8で8強入りはならなかった。