気候会合に中国とロシア首脳招待

米大統領、4月に主催

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは26日、バイデン大統領が主催する気候変動問題の首脳会合に、中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領ら40人を招待したと発表した。菅義偉首相も招いた。会合は4月22、23日の2日間で、オンライン形式で開催する。

 バイデン政権は気候変動対策を外交の柱と位置付けており、首脳会合を開催して国際的な指導力を発揮する狙い。安全保障や人権問題などで対立する中国やロシアとも協調を模索する。

 今回招待したのは、温室効果ガスの主要排出国や中東の産油国、温暖化による海面上昇で水没の危機にさらされる島しょ国の首脳ら。