早すぎる別れ…古賀稔彦さん通夜、3000人哀悼

©株式会社西日本新聞社

24日に53歳で亡くなった1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級金メダリスト、古賀稔彦さん(佐賀県北茂安町=現みやき町=出身)の通夜が28日、自宅兼道場近くにある川崎市の寺院で営まれた。全日本柔道連盟と日本オリンピック委員会(JOC)会長の山下泰裕氏や同五輪78キロ級金メダルの吉田秀彦氏、競泳の北島康介氏ら約3千人が選手、指導者として大きな足跡を残した「平成の三四郎」との別れを惜しんだ。

祭壇には笑顔、バルセロナ五輪の勇姿、道場「古賀塾」での指導姿の遺影が飾られた。「信じられない気持ちでいっぱい」と涙を拭った吉田氏。中高一貫の柔道私塾「講道学舎」からの恩師、吉村和郎氏は「太く短い人生を一気に駆けた」と早すぎる別れを嘆いた。

バルセロナの金、96年アトランタ五輪の78キロ級銀メダル、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長から届いた追悼メッセージなども並べられ、故人の功績をたたえた。柔道の総本山、講道館は23日付で九段に昇段させた。29日には告別式がある。