藤井流星「嫌すぎた」Jr.時代のエピソードに相葉雅紀ツッコミ「俺らは一生懸命やってた」

©株式会社ドットレンド

ジャニーズWESTの藤井流星が3月25日放送の『VS魂』(フジテレビ系)に出演。ジャニーズJr.時代のエピソードを明かした。

この日の放送で藤井はジャニーズJr.時代のエピソードを披露。関西ジャニーズJr.だった藤井は「昔、入りたて、KATーTUNに憧れてて」と明かし「1回通るんすよ、ジャニーズJr.で、KATーTUNの悪い感じに憧れるの」と語った。

しかし、関西ジャニーズJr.だったこともあり、藤井はコントをやらされることも多かったという。当時のことを「スケスケのタンクトップを1回着て、ふざけるみたいなくだりがあったんです」と振り返り「僕ほんまKATーTUNに憧れてたんで、嫌すぎて、舞台裏で泣いてました」と複雑な心境だったことを明かした。

藤井の話を聞いた相葉雅紀は「スケスケでそんなに嫌がらないでもらっていい?嵐デビュースケスケだから」とツッコミ。デビュー時、スケルトンの衣装が話題になった嵐だが、相葉は「俺らは一生懸命やってたよ!下もスケてたからね。スケスケで泣くのやめてもらっていい?」と笑いながら指摘していた。