早稲田大の研究室でぼや

けが人なし

©一般社団法人共同通信社

 29日午前9時半ごろ、東京都新宿区大久保の早稲田大西早稲田キャンパスにある建物から「煙が出ている」と目撃者の男性から119番があった。警視庁新宿署や東京消防庁によると、1階の研究室の一部が焼け、約1時間後にほぼ消し止められた。けが人はいなかった。

 新宿署や早稲田大によると、現在は春休み期間中で、研究室は施錠されていた。燃えかすのようなものが見つかっており、同署が出火原因を調べている。