アクロポリスが8年ぶりにWRC復帰。開催中止のチリに代わり2021年カレンダーに加わる

©株式会社サンズ

 WRC世界ラリー選手権は現在開催中の2021年シーズンのカレンダーに、ギリシャのアクロポリス・ラリーを追加することを発表。同イベントを9月9~12日、今季第10戦として開催することをアナウンスした。

 ラリーファンに人気のアクロポリス・ラリーが2013年以来、8年ぶりにWRCカレンダーへの復帰を果たした。このスケジュール変更は、新型コロナウイルスの“パンデミック”による渡航制限や当局の規制などの影響で、チリ・ラウンドの開催がキャンセルされたことを受けて行われたもの。

 1951年に始まったこの過酷なグラベルロード・イベントは、WRCがスタートした1973年の初開催以来、世界選手権のシンボル的なイベントのひとつとして評価を築き上げてきた。WRCプロモーターは今回ギリシャ政府と複数年契約を締結し、そんなアクロポリス戦を復活させている。

 岩だらけの曲がりくねった山岳路に加え、猛暑と息苦しいほどの砂埃が参加者たちを襲う伝統のラリーは、WRCでもっとも過酷なラウンドのひとつに数えられる。世界選手権の1戦として過去38回行われたイベントは、2013年にチャンピオンシップから離れるまでに熱狂的なファンを育ててきた。

“神々のラリー”とも称される同イベントでは最多5回優勝を飾ったコリン・マクレーをはじめ、セバスチャン・ローブ、ユハ・カンクネン、ヴァルター・ロール、カルロス・サインツらが歴代のウイナーとなっている。

 WRCプロモーターのマネージングディレクターであるヨナ・シーベルは、チャンピオンシップの古典的なラリーのひとつが戻ってきたことはスポーツ全体で称賛されるだろうと語った。

「アクロポリスはWRCの歴史の中で輝かしい章を持っており、世界ラリーのトップテーブルに戻すというギリシャ政府の多大な取り組みに感謝している。お帰りなさい!」とシーベル。

「その遺産は誰もが思い出すだろうが、同時にこれは私たちの他の11ラウンドと並べても違和感のないものだ。それは伝統のラリーにおける挑戦の度合いが減ったことを意味するものではなく、厳しい山道がもっとも厳しいコンテストをもたらすことは間違いない」

ヤリ-マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC) 2013WRC第6戦アクロポリス

 FIAのジャン・トッド会長は「チリ・モータースポーツ連盟と組織チームの努力は無駄ではなく将来、ラリー・チリの素晴らしいエディションを見るチャンスがあると確信している」とコメント。

「このようにチャンピオンシップに足を踏み入れる機会を得たアクロポリスラリーギリシャは、いまさら紹介するまでもないだろう。これは世界でもっとも過酷なステージが用意されている伝説的なイベントだ」

「私は1970年から1981年の間にコドライバーとして5回出場し、1985年から1986年にプジョーのチームプリンシパルとして優勝したこともある。それはとても特別な思い出だ」

「ギリシャ当局の支援と主催者の強いコミットメントのおかげで、アクロポリスが最高レベルのチャンピオンシップに戻ってくるのを見るのは喜ばしいことだ」

 ギリシャ・スポーツ省のレフテリス・アブゲナキス副大臣は「ギリシャの人々と世界中の数十万人のモータースポーツファンへの約束を果たすことができてうれしく思う」と述べ、「ギリシャは9月に世界中からファンを迎え、ふたたび国際的なイベントの主要プレーヤーになることを証明する準備ができている」と続けている。

■WRC世界ラリー選手権 2021年改訂版スケジュール(3月26日付)

Round Date Event

1 1月21~24日 モンテカルロ

2 2月26~28日 アークティック

3 4月22~25日 クロアチア

4 5月20~23日 ポルトガル

5 6月3~6日 イタリア

6 6月24~27日 ケニア

7 7月15~17日 エストニア

8 7月29~8月1日 フィンランド

9 8月13~15日 ベルギー

10 9月9~12日 ギリシャ

11 10月14~17日 スペイン

12 11月11~14日 日本