【レースフォーカス】取り組みの姿勢に見える今季のビニャーレス、リヤタイヤ温存が奏功/MotoGP第1戦カタールGP

©株式会社サンズ

 MotoGP開幕戦で、2年ぶりのカタールGPウイナーとなったのはマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)だった。テストからコツコツと、自分ができることに取り組み、その姿勢はビニャーレスをトップチェッカーへと導いた。
 
 ビニャーレスは予選で3番グリッドを獲得した。ポールポジションは加速に勝るドゥカティのフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)。ビニャーレスはレースを楽観視してはいなかった。
 
「カタールでは、オーバーテイクに速さが必要な場所がたくさんある。難しいレースになるだろう。僕たちはオーバーテイクするために、いかにバイクのポテンシャルを最大限引き出すか、理解する必要がある」そう予選後の会見の中で語った。

 そして「最後の10周はタイヤにとってかなり重要だ。レースを通して、タイヤのグリップのマネジメントについて理解しないといけない。タイヤを摩耗させることなくオーバーテイクする方法もね」とも。
 
 この言葉通りのレースを展開した、と言ってもいいだろう。ビニャーレスはスタートで出遅れて1周目は6番手にまで後退した。ヤマハ勢全体として、2020年シーズンであればここまでポジションを落としてしまうとあとは後退、という展開が多かった。しかしこのレースでは、ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)とともに少しずつポジションを上げていく。11周目にはクアルタラロを交わし、その翌周には2番手のヨハン・ザルコ(プラマック・レーシング)、そしてトップを守っていたバニャイアをも相次いでオーバーテイク。15周目にトップに立つと、終盤には独走体勢を築いてチェッカーを受けたのだった。

2021年MotoGP第1戦カタールGP決勝で優勝したマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

 
 ビニャーレスは序盤にクアルタラロの後ろで走りながら、バイクのポテンシャルを確認した。そしてリヤタイヤを温存することにしたのである。レース中盤まではビニャーレスとランデブー走行し、一時は3番手を走っていたクアルタラロは、リヤタイヤが完全に終わってしまい、ポジションを落とした。しかしビニャーレスはタイヤをセーブし、それはここぞという攻めるポイントで武器になったのだ。
 
「フロントにはとてもいいフィーリングがあって、レース前半はフロントタイヤで走っていた。リヤタイヤを摩耗させないようにしていたんだ。リヤタイヤを使ったのはオーバーテイクのときだ。それから、ギャップを詰めようとしたときだね。でもそれからは(トップに立ってからは)スムーズに走っていた。それで残り10周になったとき、攻めてスピードを上げることができたんだと思う」

 ビニャーレスは次第に周りがタイムを落とした終盤もペースを保った。終盤の3周は1分55秒後半から1分56秒台のタイムだが、このときはすでに2番手との差は十分。これ以前のタイムはおおむね1分55秒前半から中盤のタイムを維持していた。

「この週末は特にユーズドタイヤですごく取り組んできた。だから、僕はいつユーズドタイヤがグリップするのかわかっていたんだ。路面状況は予想外で、いつもはMoto2クラスのあとに(ダンロップラバーが乗って)路面のグリップが低下するのだけど、今日の路面グリップはよかった。僕たちにはいい状況だったね。だって、昨年はこういう状況で苦戦していて、なんとかしようとしてきたから」
 
 取り組んできたのはユーズドタイヤでの走りばかりではない。ビニャーレスはテストから、スタートを改善しようとしてきたのだ。カタールGPのセッションでも、セッション後のスタート練習だけではなくピットレーンから出るタイミングまでも使ってスタートの練習をしてきた。ヤマハで勝つにはスタートから前に出る必要があると考えてのことだった。
 
 この努力が実を結んで……とそう簡単にいかないのが現実というもので、このレースではスタートに失敗し、ドゥカティの先行を許した。カタールGPでの勝ち方は「元々の作戦じゃなかったんだけどね。僕の作戦としては、最初からトップにいることだったから」と、ビニャーレス。スタートの課題は残る。しかしそうした取り組みを含め、今季のビニャーレスは今、自分自身ができることをできる限り行う、そうした姿勢がより強くなったように見える。
 
 考え方を変えた、とビニャーレスは言う。

「オーバーテイクではもっとがんばる必要がある。昨年、それは僕たちに欠けていたものだ。僕たちにはすばらしいポテンシャルがある。それに、すごくいいリズムもある。でも、(昨年の)レースでは何度も前に出ることができなかった。オーバーテイクができなかったんだ。まだ考えないといけないところはあるけれど、全体的に冬に行ったことがうまくいったと思う。そして、以前よりも僕自身の走りがアグレッシブにはなったと思うね」
 

■最終ラップのメインストレートで表彰台をさらったドゥカティと猛攻を見せたミル

 開幕戦の2位と3位を獲得した、ドゥカティライダーのふたり。2位のザルコは6番グリッドから、3位のバニャイアはポールポジションからスタートして中盤までトップ2を走行していたが、ともにビニャーレスに交わされた。ザルコは残り4周あたりでタイヤが苦しくなり始め、バニャイアは残り15周あたりからタイヤのグリップが低下し、風によってペースが維持できなくなったという。
 
 また、5番グリッドからスタートして9位というポジションでフィニッシュしたジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)は、レース中盤でリヤタイヤのグリップが低下してペースを保てなくなった、と語っている。軒並みタイヤのグリップ低下に悩まされたというところだろう。なお、カタールでの決勝レースでは全ライダーがフロント、リヤともにソフトを選択している。
 
 2021年シーズンのタイヤについては2020年のリヤタイヤのような大幅刷新はないが、決勝レース前にミシュランから提供されたピエロ・タラマッソのコメントによれば、フロントタイヤのソフトは昨年と同じ、リヤタイヤのソフトは昨年よりも1ステップ硬めになり、2020年のミディアムタイヤが今季のソフトタイヤにあたるという。
 
 そしてこのふたり、ザルコとバニャイアをレース終盤に追いつめたのが10番グリッドからポジションを上げてきた、2020年王者のジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)だった。実は、ミルは予選日まで苦しい状況が続いていた。バイクを止めることができず、多くの問題を抱えていたのだ。
 
「(予選では)獣みたいに攻めたけれど、ラップタイムが上がらない。すごくいらいらしたし、すごく怒っていた。今日はちょっと変えた。何を変えたのかは言えないけれど、昨日の夜、セッティングを見つけたんだ。昨年使っていたものなんだけどね」

 決勝レースではレース終盤の残り3周でバニャイアを交わし、最終ラップの15コーナーでザルコを交わした。後方から追い上げてきて気がつけば優勝、表彰台争いに加わっている、2020年シーズンに何度も見せたスズキのレースである。

 15コーナーのあと、続く最終コーナーでは少しワイドなラインになった。うまく立ち上がったザルコとバニャイアがドゥカティのトップスピードを生かし、ミルを交わしていく。4位の開幕戦。しかし、ミルは苦しい週末を振り返って「いいレースだったと思う。少し遅かったけれど、フィーリングが戻ってきた」とおおむね満足している様子だ。

「いつもなら、(最終ラップで)ザルコをオーバーテイクしようとはしないのがいいと思う。3番手を守ろうとしただろう。でも今日は開幕戦だった。それで、少し危険を冒したんだ。もし2位でフィニッシュできたなら、素晴らしかっただろうね。でも、2台のドゥカティが後方にいることはわかっていたし、それは難しいだろうこともわかっていた。ちょっと不満ではある。でも僕はベストを尽くしたよ」

 第2戦は開幕戦と同じくロサイル・インターナショナル・サーキットで行われるドーハGP。2週連戦、同サーキットでの開催であるだけに、各チーム開幕戦のデータを元にした改善、その幅がポイントになるだろう。

2021年MotoGP第1戦カタールGP決勝 フランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)
2021年MotoGP第1戦カタールGP決勝レース ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)