立民「第4波なら内閣不信任」

官房長官は解散言及を回避

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の安住淳国対委員長は30日、菅内閣に対する不信任決議案の提出を検討する考えを重ねて示した。新型コロナウイルス感染の第4波を防げなかった場合を挙げ「内閣総辞職に値する。そのために取り得る行動はちゅうちょなく取る」と記者団に述べた。加藤勝信官房長官は、衆院解散につながる可能性について言及を回避した。

 安住氏は、ワクチン接種の遅れが生じても「政治責任を問う行動を取らなければならない」と強調した。

 これに対し加藤氏は記者会見で、内閣不信任案が衆院解散の大義になるかと問われ「解散は首相の専権事項だ。具体的なコメントは避けたい」と述べるにとどめた。