石木ダム建設事業 中止求め署名活動 長崎の市民団体

©株式会社長崎新聞社

 長崎県と佐世保市が東彼川棚町に計画する石木ダム建設事業に反対する長崎市の市民団体「石木川の清流とホタルを守る市民の会」は27日、長崎市浜町のアーケードで、事業中止を求める署名活動に取り組んだ。
 同会は昨年、県に対し、工事を中断して反対住民との話し合いの場を設けることなどを要請する公開質問状を提出。しかし、回答はなく、連日工事を強行している、と批判している。
 この日は同会のメンバー約15人が参加。署名を集め、自然豊かな建設予定地の写真も掲示した。同会代表世話人の西中須盈さん(80)は「住民の声を無視し、県は石木ダムありきで事業を進めている」と語った。同会は31日に県庁でも県に対して要請行動をする。