エクストリームE開幕直前にも体制強化。ジェンソン・バトン率いるJBXEがロータスと提携

©株式会社サンズ

 2021年4月3~4日に開幕のときを迎える新世代の電動オフロード選手権『Extreme E(エクストリームE)』シリーズ。そのEVクロスカントリーに挑戦する元F1王者ジェンソン・バトン率いるJBXEは、デビュー戦直前のこのタイミングで新たなパートナーを迎え入れると発表し、Lotus Engineering(ロータス・エンジニアリング)との提携をアナウンスした。

 イギリスを代表するスポーツカーメーカー、Lotus Cars(ロータス・カーズ)を含むグループ企業の一部として、モータースポーツに限らず幅広いエンジニアリング・コンサルタントとして活動する同社が、イギリスの元F1王者の新プロジェクトに関与し、技術パートナーとして参加することが決まった。

 2018年スーパーGTのGT500クラス王者でもあるバトンは、地球環境保全活動とその啓蒙、さらに男女平等と独創的な放映形態を採用するまったく新しいEVオフロード選手権に、自らのチームを率いて参戦することを決定。今月に入ってその女性ペアに、シリーズの公式テスターを務めるミカエラ・アーリン-コチュリンスキーの起用をアナウンスしていた。

 JBXE代表兼エースドライバーでもあるバトンは、チャンピオンシップの創設パートナーであるコンチネンタル・タイヤのテストドライバーとして経験を積んできたコチュリンスキーに続き、最先端のテクノロジーとレースへの献身的な取り組みで高く評価されてきた英国のトップ企業とアライアンスを組み、歴史的価値を持つ初戦を前に「ロータス・エンジニアリングをJBXEに迎えることをうれしく思う」と、チーム体制強化の手応えを語った。

「ロータスはモータースポーツと密接に関連している、英国を代表する素晴らしいブランドだ。そしてこのエクストリームEは『世界初』の課題に満ちた、ユニークでエキサイティングな規定を有する新シリーズであり、そこで彼らと協力して自動車の電動化を促進し、地球環境の保護に役立つ持続可能なソリューションの重要性を訴求できることを楽しみにしている」と続けたバトン。

ジェンソン・バトン自身がF1チャンピオンを獲得した2009年を彷彿とさせるカラースキームを採用した
自らドライブするバトンも、電動ワンメイクSUV『Odyssey 21(オデッセイ21)』でテストを重ねてきた

■エクストリームEは4月3~4日に開幕

「ロータスの名称が僕らと一緒にこの冒険の旅に出るのは、僕自身とチームにとっても大きな誇りだ。僕らはこのテクニカルパートナーシップにとてもワクワクしているし、今週末の最初のレースがどんな展開になるのか、本当に待ちきれない気分だよ!」

 一方、この提携をまとめたロータス・カーズのマネージングディレクターであるマット・ウィンドルも、JBXEとのアライアンス契約締結に際し「我々は電動モータースポーツのエキサイティングな新時代の最前線にいる。テクニカルパートナーとしてJBXEをサポートできることをうれしく思う」と、新選手権に向けた意気込みを語った。

「EVレースの複雑な技術は、我々にとっても魅力的な課題を提示してくれるし、ロードカーによる10年以上に及ぶ電動モデルからの知見を活用し(近年ではハイパーカーの『Lotus Evija(ロータス・エヴァイヤ)』が代表格)、チームに貴重な知識をもたらすことができるはずだ」と語ったウィンドル。

「我々のビジネスにおけるコンサルタント部門として、ロータス・エンジニアリングは複数の主要なプロジェクトを進行中であり、新拠点となるウォリックシャーのロータス・アドバンスド・テクニカルセンターとともにますます発展を遂げている」

「電動モータースポーツ分野においてJBXEをサポートすることは、ロータス・エンジニアリングが幅広い分野に興味を持っていることを別の角度から証明する、貴重なデモンストレーションの機会となるだろう。彼らと一緒に旅の苦楽を分かち合い、持続可能性や男女平等を含む、称賛に値する魅力的なアジェンダのもと、電動モータースポーツの次なる段階を体験できることを楽しみにしている」 

 新世代の電動オフロード選手権『エクストリームE』は4月3~4日に“Desert X Prix”と銘打ち、サウジアラビアのアルウラでいよいよ開幕のときを迎える。

STCCスカンジナビア・ツーリングカー選手権史上初の女性勝者となった、ミカエラ・アーリン-コチュリンスキーが僚友を務める
シリーズCEOのアレハンドロ・アガグも「ロータスを歓迎する。エクストリームEファミリーへようこそ!」と、喜びを言葉を語っている