いきものがかり、ファンモン…「実はオリコン1位をとってない」人気歌手たち

©株式会社日本ジャーナル出版

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

音楽グループ『DA PUMP』が、3月17日に発売した最新シングル『Dream on the street』で、グループとして初のオリコン週間シングルランキング1位を獲得したことがわかった。

シングル1位を獲得するまで、邦楽アーティストで歴代最長となる23年9カ月を記録したことについて、ネット上では

《有名な曲たくさんあるのに初の1位とは意外》
《1位とったことがなかったことにビックリだわ。昔「DA PUMP」の曲めっちゃ流れてたと思うけど》
《何度か1位になってたのかと思ってました》
《超意外…。それこそ最近の「U.S.A.」とかも1位だと思ってた…》

など、驚きの声が多くあがっている。

そこでこの記事では、意外にもオリコン週間シングルランキング1位を獲得したことのないアーティストを紹介していこう。

いきものがかり、ファンモン、バクナン、西野カナ…

まずは、3人組グループ『いきものがかり』。これまでに『SAKURA』『帰りたくなったよ』『ありがとう』など、心優しい日本人にウケがちな感動曲を何度も生み出してきたグループだが、意外にもどれも1位になっていない。

メジャーデビュー曲の『SAKURA』は最高17位、『帰りたくなったよ』は7位、朝ドラ『ゲゲゲの女房』の主題歌となった『ありがとう』は2位である。

続いては、ファンキー加藤がリーダーを務める『FUNKY MONKEY BABYS』。マイルドヤンキーや小中学生の心に突き刺さる応援ソングを数多く生み出してきた彼らだが、代表曲である『ちっぽけな勇気』は最高8位、『あとひとつ』も8位であった。

3組目は、心温まる恋愛バラードを得意としながら、不倫スキャンダルで男の色気を見せたスリーピースバンド『back number』。〝男版・西野カナ〟との呼び声も高い彼らのヒット曲といえば、もちろん『クリスマスソング』。しかし、同曲は最高2位であった。

ちなみに、西野カナもシングル1位をとったことがない。かの有名な『会いたくて 会いたくて』は最高2位。〝女版・関白宣言〟として話題になった『トリセツ』も最高6位だ。

オリコン週間シングルランキング1位がどれほど偉大なものか、お分かりいただけただろうか。