石木ダム建設事業 6億8600万円を計上 長崎県新年度当初予算

©株式会社長崎新聞社

 長崎県と佐世保市が東彼川棚町に計画する石木ダム建設事業で、県は30日、新年度一般会計当初予算に、ダム本体の一部や県道付け替え道路の建設費などとして6億8600万円を計上したことを明らかにした。
 石木ダムは川棚町の治水と佐世保市の利水が目的。国土交通省が同日公表した新年度の予算配分では、同事業の治水分として国県合わせて4億3900万円を計上。これに厚生労働省と同市の利水分2億3600万円と、事務費1100万円を合わせて6億8600万円となる。