タクシー乗務中、路上に寝転がっていた男性をひき逃げ 容疑の運転手「怖くなった」

©株式会社神奈川新聞社

戸部警察署

 神奈川県警戸部署は31日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、横浜市中区石川町4丁目、タクシー運転手の男(61)を逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午前1時10分ごろ、同市西区西戸部町1丁目の市道でタクシーを運転し、近くに住む職業不詳の男性(27)をひいて、そのまま逃走した、としている。男性は市道上に寝転がっていたといい、重傷を負った。調べに対し、容疑を認め「怖くなって逃げた」と供述している。

 署によると、男は当時、タクシー乗務員として勤務中だった。周辺の防犯カメラ映像の解析で、男のタクシーの関与が浮上した。