豊田真由子が考察 「メーガン妃問題」が改めてあらわにした世界の分断<前編>

©まいどなニュース

インタビューに応じるヘンリー王子(左)と妻メーガン妃(提供・ロイター=共同通信社)

メーガン妃とハリー王子の一連の行動、特に先日のインタビューと、それに対する英米国内の反応を見て感じたことは、(妃の言っていることが真実であるかどうかに関わらず)、これは「王室に馴染めなかったひとりの妃と王室の溝」という話にとどまらず、今もこの世界に厳然と存在し、多くの人々に関わる様々な『深い溝』とその難しさを、改めてあらわにしたのではないか、ということです。

具体的には、(1)英国を始めとする「欧州及び欧州的価値観」と「米国及び米国的価値観」の間の埋めがたい溝、(2)元宗主国と元植民地の溝、(3)王侯・貴族階級とそれ以外の人たちの溝、(4)人種間の溝、等です。

これまでの長きに渡る人類の苦難の歴史を踏まえ、日常において、皆がなるべくその存在を見ないようにしてきていたけれど、「いや、やっぱり溝ってあるよね。そして、残念ながらこの溝は、埋めようがないのかもしれないよね。」といったことを、突き付けてしまったように思います。

目次
#1 本題に入る前に
#2 王族の果たすべき責務
#3 人種差別問題
#4 階級社会
#5 旧宗主国と旧植民地

本題に入る前に

どんなことであれ、一方の側の言い分のみを聞いただけでは、状況を正確かつ公正に判断することはできませんし、してはいけないと思います。ひとつの事象について、Aの側とBの側とで、受けとめ方や解釈が大きく異なっているということは、現実社会において、多々あることです。(意図的に捏造や誇張をしている場合もあれば、実際にそう「思い込んでいる」場合もあるでしょう。)

英王室のメディア対応の方針は、“Never complain, never explain” (文句も弁明もしない)であり、したがって、王室側が反論しないであろうことが明白な状況において、メーガン妃側の言い分のみに依拠して王室を非難するようなことは、フェアではないと思います。

一方で、メーガン妃が、英メディア等において、当初よりバッシングやプライバシー侵害を受けてきたことは客観的事実でありましょうし、そして、今回メーガン妃が「自殺を考えていた」と言ったのを虚偽だという人がいますが、私は、それは妥当ではないと思います。例えば、うつ病や摂食障害等のメンタルヘルス問題に苦しみながらも、それを隠して、会社や学校に通っている方は、大勢いますよね。自殺した方が、周囲から「全然そんな風には見えなかった」と言われるのも、よくあることです。「『気が強そうに見える人』は、決して繊細でも優しい人でもないし、悩むことなんてないはず」というのは、あまりにも表層的・短絡的で、本質を見極めない物の見方だと思います。

メーガン妃が、王室に嫁ぐということの意味や王族の責務というものを理解しておらず、また妃自身の行動にも問題があったとは思いますが、とはいえ、むしろそれ故に、つらい・苦しいと感じたことは実際に多々あったでしょうし、それによってメンタルに影響が及んだことも十分に想定されることです。「メーガン妃にも非がある」ということと、「メーガン妃がメンタルヘルスで苦しむわけがない」というのは、全然別の話のはずです。

我が国においても、「メンタルヘルスを公にできない、隠さなきゃいけない」という風潮が、どれだけ人々を追い込んでいるかを考えれば、ますます、こうした見方をすることは、適切ではないと思います。

目次
#1 本題に入る前に
#2 王族の果たすべき責務
#3 人種差別問題
#4 階級社会
#5 旧宗主国と旧植民地

王族の果たすべき責務

王族には、国と国民に対して果たすべき重い義務と責任があります。王族は、高潔で国民の模範とならねばならず、自分個人の幸せよりも、国民の幸せを考えなければならない。メーガン妃には、そうした根本が理解できなかった、あるいは「理解」はしても「受け入れる」ことはできなかった。そして、ヘンリー王子が、王族の責務を自らのものとして覚悟を持って引き受け、果たし続けている父や兄を「王室に囚われていて、かわいそう」等と言うのも、大きな見当違いだと思います。

歴史を見れば、王室というものは当たり前に存続していくものではなく、エリザベス女王は、そのことを身をもって御存知です。例えば英国では、清教徒革命(1642-49)で、国王チャールズ1世が処刑され、名誉革命(1688-89)で、イングランド国王ジェームズ2世が追放されました。エリザベス女王の祖父ジョージ5世の従兄弟であるドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世(1859-1941年)はドイツ革命で亡命退位し、同じく従姉妹(皇后アレクサンドラ)の夫であるロシア最後の皇帝ニコライ2世(1894-1917年)は、ロシア革命で処刑されています。

来年、在位70年となるエリザベス女王が、国民の敬愛を受け続けている(世論調査で常に80%以上の支持)のは、王室としての責務を果たすという覚悟と、英連邦含めたすべての国民を思う強い気持ち、そしてそれを体現する女王のたゆまぬ努力を、英国の人々がよくよく分かっているからだと思います。

目次
#1 本題に入る前に
#2 王族の果たすべき責務
#3 人種差別問題
#4 階級社会
#5 旧宗主国と旧植民地

人種差別問題

英国には、現在アジア系・アフリカ系国民が約15%います(その割合は年々増加)。そして、旧植民地で構成される英連邦には、カナダやオーストラリア等のほか、アフリカやカリブの国が多く加盟しています。(現在、英連邦に属する国は54か国、そのうち、エリザベス女王を君主とする英連邦王国は16か国。)多様な人種の人々の君主である女王は、人種差別問題に対して厳格に取り組んできており、王室が人種差別主義者と見られるようなことは、極めて由々しき問題なのです。

ウィリアム王子 が、“We are very much not a racist family.”(私たちは、断じて、人種差別的なファミリーではない。)と、公務で徒歩で移動中に、強い口調でメディアの質問に対して答えたことは、極めて異例なことでしたが、よほど容認できなかった、ということだと思います。

メーガン妃は、息子であるアーチー君に、「黒人の血が入っているから称号が与えられない」旨を述べていましたが、称号の範囲というのは明確なルールに基づくものであり、ましてや、現在、人種を理由として称号を与えないというようなことは、考えられません。1917年の勅許状により、英王室では「王子・王女の身分と陛下・殿下の敬称は、国王、国王の子供、国王の息子の子、皇太子の長男の長男」に与えられることになっており(ジョージ5世による勅許状(※))、したがって、今後チャールズ皇太子が国王になったら、アーチ―君も王子となったはずで、つまり、ヘンリー王子の妃が誰であっても、現時点では二人の子どもに称号は与えられないのです。

(※)ウィリアム王子の子どもで長男以外のシャーロット王女とルイ王子にも称号が与えられたのは、「皇太子の長男」のすべての子に、王子・王女の身分と殿下の敬称を与える、とする勅許が新たに出されたからです。(2013年に王位継承法が改正され、「兄弟姉妹間男子優先制」から「長子優先制」に変わったことから、仮に皇太子の長男の第一子が女子であっても、自動的に王位を継承することになったため、「皇太子の長男の長男」にしか称号が与えられないという1917年の勅許状の限界をフォローする必要があったため。)

一方で、「王室のスリム化」という問題は、英王室でも他国でも、以前から検討が行われてきており、例えば、スウェーデンのカール16世グスタフ国王は、2019年に大幅な王室制度の改正を実施し、7人の孫のうち、長子の子ども以外の5人を、国民からの税金を受け取る正式な王室から除外しました。殿下や妃殿下といった称号が与えられない(公爵や公爵夫人などの称号は維持)こととなり、王室の家族としての公務を果たす必要がなくなる一方で、税金を財源とする王室の手当が与えられなくなりました。

つまり、国民の税金を節約する必要性といった観点から、以前から「適正な王室の規模」についての議論がなされてきており、もし、英王室の規模が縮小される計画の一環として、ヘンリー王子の一家に適用されることがあったとしても、それは、決して人種に基づく差別ではない、ということです。

一方で、メーガン妃が、人種差別的な扱いを受けた経験があるであろうことも、想像に難くありません。当初から英国の多くのメディア報道にも散見されましたし、高位の人物によるものとして公になったところでは、例えば、マイケル・オブ・ケント王子(エリザベス女王の従兄弟)のマリー=クリスティーヌ夫人(ドイツとハンガリーの貴族出身)は、メーガン妃も出席した2017年12月のエリザベス女王主催のランチに、現在では差別的とされる、黒人(北アフリカのムーア人)をかたどったブローチを身に着けて出席、批判を受けて後に謝罪しました。

米国のBlack Lives Matter 運動でも示されたとおり、現代社会においても、人種差別は、多くの国・地域において、強く根深く残っている問題です。(以前に比べたら、制度的・表面的状況は、格段に改善されてきているとはいえ、意識的にも無意識にも、深刻で広範な問題が、依然存在します)。人種差別的な意識を持つ人、そしてそれを実際に態度に表す人は、英国にも米国にも、世界中至る所に存在するのです(トランプ前米国大統領もそうでしたね…)。

王室メンバーから、「生まれてくる子どもの肌の色についての懸念が示された」というのが、事実であるか、そして、人種差別に基づくものであったかどうかというのは、エリザベス女王が言う通り、「記憶が違うこともあり得る」でしょうし、どういう脈絡でどういう意図だったか等を公正に検証の上、評価されるべき(公表されることはないわけですが)ですが、この発言の問題は別にしても、英国(米国その他の世界ももちろん)において、広く人種差別意識や行為が存在すること、そしてそれに苦しむ大勢の人々が存在することは、事実です。

こうした背景があるため、メーガン妃が英王室で人種差別を受けた、と聞けば、米国民(黒人はもちろん、白人も。なぜならば、沈黙は容認と見做されるから。)は、過剰とも思える反応をします。事実関係をきちんと検証していないではないか、とも思うわけですが、長い人種差別の負の歴史を背負い、大統領が人種差別を公言するような国に住む人々にとっては、「絶対に許せない!」ということになるのだと思います。

なお、もちろん、人種差別の対象は、黒人だけではありません。例えば、米国では現在、新型コロナウイルス感染拡大の経緯等に起因するとされるアジア系の人たち(日本人を含む)に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)やヘイトインシデント(人種差別的中傷や無視等)の発生増加を危惧する声が高まっており、在米日本大使館・総領事館は、憎悪犯罪に警戒するよう、在留邦人に呼び掛けています。
(https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=109250)

日本にも、外国籍の方や海外にルーツを持つ方が増えてきました。私たちは、人種差別問題について、差別する側にもされる側にもなり得る、という当事者意識を持って、真剣に考えることが求められているのではないか、と思います。そして、ときに差別は、無意識的に行われるものであることにも、留意する必要があります。

【注記】「黒人」という呼称は差別的なのではないかという議論がありますが、本稿においては、論点を明確にし分かりやすくすることと、近年の米国では、「黒人(Black)」という言葉を、奴隷制度以来不条理な人種差別という苦難を乗り越えようと、闘ってきた人々へのリスペクトを含意する言葉として使われることが多くあることなども踏まえ、「黒人」を使用しています。

◆豊田 真由子 1974年生まれ、千葉県船橋市出身。東京大学法学部を卒業後、厚生労働省に入省。ハーバード大学大学院へ国費留学、理学修士号(公衆衛生学)を取得。 医療、介護、福祉、保育、戦没者援護等、幅広い政策立案を担当し、金融庁にも出向。2009年、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官として、新型インフルエンザパンデミックにWHOとともに対処した。衆議院議員2期、文部科学大臣政務官、オリンピック・パラリンピック大臣政務官などを務めた。