ガンダムで交通安全啓発

神奈川県警、ポスター起用

©一般社団法人共同通信社

ガンダムの実物大模型の前で、交通安全のポスターを掲げる神奈川県警の警察官=1日午前、横浜市の山下ふ頭((C)創通・サンライズ)

 神奈川県警は人気アニメ「機動戦士ガンダム」の実物大模型(約18メートル)をモデルとした交通安全ポスターを作成し、横浜市中区の山下ふ頭にある展示施設「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」で1日、交通安全広報大使の委嘱式を行った。

 ポスターは、右手を上げるガンダムの脇に「動け!ガンダム 守ろう!交通ルール」と書かれており、県内の学校などに計4千枚を配布する。

 式典ではポスターと同じポーズを取るガンダムの前で、県警の清水昭人交通部長から施設の運営会社社長に委嘱状が手渡された。

この記事はいかがでしたか?