将棋、西山三段が奨励会を退会

女流棋士へ転向

©一般社団法人共同通信社

西山朋佳三段

 女性初の将棋プロ棋士を目指していた養成機関「奨励会」最高位三段の西山朋佳さん(25)が1日、奨励会を同日付で退会し、女流棋士に転向することを明らかにした。理由について「葛藤しながら対局を続けていた。現状を鑑みて、周りとも相談して決めた」と述べた。

 西山さんは昨年、奨励会最終関門の三段リーグで、14勝4敗の3位に入る好成績を収め、女性棋士誕生へ期待が高まっていた。

 再出発する女流棋士には「広い視野で、女流棋界の活性化に少しでもお力添えしたい。目の前の一局に全力で挑むというスタンスは変えずに頑張りたい」と話した。