車載EMC試験を強化 EV・HV化に対応 コスモス・コーポレイション

©株式会社中部経済新聞社

車載EMC試験用の電波暗室

 自動車部品や家電製品、医療機器の安全性評価などを行うコスモス・コーポレイション(本社松阪市桂瀬町718の1、濱口慶一社長、電話0598.60.1827)は、車載部品のEMC(電磁両立性)試験の受け入れ態勢を強化する。電気自動車(EV)・ハイブリッド車(HV)化の進展に伴う需要増への対応を狙う。2020年末までに高周波数、高電圧機器に対応できる新しい試験機器を導入し、各自動車メーカーの最新の規格に対応できるようにした。 (三重)