東証、午前終値2万9720円

米景気回復期待で買い先行

©一般社団法人共同通信社

 2日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。米景気回復への期待から前日の米株価が上昇したことを好感した買い注文が先行した。上げ幅は一時400円を超えた。

 午前終値は前日終値比331円75銭高の2万9720円62銭。東証株価指数(TOPIX)は11.12ポイント高の1968.76。

 米製造業景況指数が37年3カ月ぶりの高水準となり、経済回復が加速しているとの見方が広がった。前日のニューヨーク株式市場ではダウ工業株30種平均が上昇し、東京市場の追い風となった。