予約なし接種OK、偽情報で殺到

スペイン、高齢者2千人

©一般社団法人共同通信社

 【パリ共同】スペイン南部セビリアで1日、80歳以上の高齢者は予約なしで新型コロナウイルスワクチンを受けられるとのうそのメッセージが携帯電話で広まり、約2千人が家族らと接種センターに殺到した。2日付のパイス紙が伝えた。

 保健当局からを装ったメッセージは携帯電話のアプリで拡散した。当局は急きょ追加のワクチンを用意し、訪れた高齢者にできる限りワクチンを打った一方、接種計画を妨害する意図は明らかだとして、警察に告訴して捜査を求めた。

 セビリアが州都のアンダルシア自治州では、80歳以上の高齢者の約91%が既に1度はワクチンを受けている。