MotoGP第2戦ドーハGP:初日総合トップはミラー。ドゥカティ勢がトップ3を独占

©株式会社サンズ

 MotoGP第2戦ドーハGPのフリー走行1回目、2回目がカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)が初日総合トップタイムをマーク。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)はフリー走行2回目の終盤に転倒を喫し、15番手で初日を終えた。

 開幕戦に続き2週連続、ロサイル・インターナショナル・サーキットでナイトレースとして行われるドーハGP。マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は今大会も欠場し、ステファン・ブラドルが代役として参戦する。

 フリー走行1回目は、気温37度、路面温度47度のドライコンディションで行われた。セッション序盤、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)がトップタイムに立ち、2番手には中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)がつける。

 セッション開始25分をすぎて、ダニロ・ペトルッチ(テック3・KTM・ファクトリーレーシング)、さらにフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)がアレイシ・エスパルガロに代わってトップに浮上する。トップに立ったモルビデリだが、その後マシントラブルが発生してピットに戻った。

 残り時間6分を切る終盤に入ると、開幕戦で優勝を飾ったマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)がトップタイムを記録。その後ビニャーレスがその後すぐにアレイシ・エスパルガロのタイムを0.004秒更新するも、アレイシ・エスパルガロが再びタイムを更新。アレイシ・エスパルガロは最後のラップでもタイムを縮め、1分54秒779をマークしてフリー走行1回目をトップで終えた。アレイシ・エスパルガロは自身初のセッショントップタイムとなった。

 同じく最後のラップでポジションを上げたアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)が2番手、ビニャーレスは3番手だった。4番手はルーキーのホルヘ・マルティン(プラマック・レーシング)で、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が5番手、そしてテック3・KTM・ファクトリーレーシングのダニロ・ペトルッチが6番手につけた。ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)は8番手、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)はトップから0.669秒差の10番手だった。

■FP2:ドゥカティ勢がトップ3を独占

 夜間の時間帯に行われたフリー走行2回目。通常、路面温度が高い翌日のフリー走行3回目はタイムの更新が難しくなるため、予選Q2へのダイレクト進出にはこのセッションが重要となる。

 セッション序盤にトップに立ったのは、開幕戦カタールGPで3位表彰台を獲得したフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)。そしてフリー走行1回目でトップタイムをマークしたアレイシ・エスパルガロが、このセッションでも序盤から2番手につける。

 しばらく上位陣に動きがないままセッション中盤に入ると、中上が5番手タイムを記録。中上はその翌周にもタイムを更新し、バニャイアのトップタイムから0.053秒差の2番手につけた。さらに、ルーキーのマルティンがフリー走行2回目に続き、このセッションの序盤から流れを維持。残り時間15分で3番手タイムを記録する。

 残り時間が10分になるころ、アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)やファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)などがタイムを更新していく。そんななかで、トップに立ったのが1分53秒646を記録したアレイシ・エスパルガロである。

 残り時間3分、中上が自己ベスト更新のタイムを刻んでいたが、トラックリミットをオーバーしたためにこのラップのタイムが抹消となる。その翌周、中上は7コーナーで転倒を喫した。さらにアレックス・マルケス(LCRホンダ・カストロール)もセッションが終了するころに7コーナーで転倒を喫している。

 そして終盤にトップに立ったのが、ここまで上位に顔を出してこなかったジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)である。ミラーは1分53秒145を記録し、このタイムで初日総合をトップで終えた。

 2番手は最後のアタックでタイムを縮めたバニャイア、そして3番手にはザルコが続く。4番手にはクアルタラロが入ったが、5番手に入ったのがルーキーのマルティン。トップ3をドゥカティ勢が独占し、さらにトップ5としては4人のドゥカティライダーが入った。

 フリー走行1回目でトップだったアレイシ・エスパルガロはこのセッションでは6番手。トップとの差は0.501秒である。ミルは13番手、ホンダ勢としてはステファン・ブラドル(レプソル・ホンダ・チーム)が10番手で最上位、KTM勢としてはオリベイラの11番手が最上位だった。中上は終盤の転倒が響き、15番手に終わった。